ブログのダッシュボードでサイトヘルスエラーが出ていたので改善してみた

こんばんは、@天です。

今日は、しばらく手を入れていなかったWord Pressのメンテナンスをしました。

自分が持っているいるブログは複数あるのですが、6月からSEOに表示スピードも影響すると耳に入っています。

5月からGoogleさんが取り入れるのが6月に伸びたそうですが、ユーザーのことを考えると表示スピードが結構大切だと思われますので、Word Pressのエラーや健康状態が響きそうです。

@天@天

今回は、ちょっと小難しいネタになるのですが、ブログに同じ表示がある人の参考になればと思い、ご紹介することにしました。

ダッシュボードに表示されていたサイトヘルス

ダッシュボードにこんな表示が出ていました。

開いて見ると以下の表示がありました。

プラグインの更新と削除

プラグインは自動更新の設定ができるので、画像の垢枠にある「自動更新を有効にする」をクリック。

今回は、手動で更新しておきます。

プラグインの削除は、インストール済みのプラグインを表示して、停止中を選択。

プルダウンから削除を選択して「適用」をクリックします。

これでOKですね。

停止中のテーマを削除してください

Word Pressで、使っていないテーマは削除した方がブログが軽くなるようです。

でもここで1つ注意点が!

デフォルトのテーマは削除しないこと。

自分もうっかり削除して、再インストールしました^^;

テーマの削除は、該当のテーマにマウスオンすると「テーマの詳細」が表示されるので、これをクリック。

右下にある「削除」をクリック。

デフォルトのテーマ「Twenty Twenty-One」は残して、他は削除します。

推奨セキュリティヘッダーがインストール済みではありません

こちらは、「セキュリティヘッダーについての詳細」をクリックすると英語のサイトに飛びます。

検索すると.htaccessを編集する必要があることと、やり方が出て来ます。

@天@天

でも、素人には.htaccessの編集なんて怖くてできな〜いって思う人が多いんじゃないかと思いますので、ここはプラグインを使ってやっちゃいましょう^^

プラグインでセキュリティヘッダーの問題解決!

ブログのファイルの中でも.htaccessはあまり触りたくないファイルです。

そこで、ここではプラグインを使ってセキュリティヘッダーの問題を解決していきます。

プラグインをインストールして有効化

まずはダッシュボード左にある「プラグイン」→「新規追加」を開きます。

 

検索窓に「HTTP」と入れると「HTTP Headers」が出て来ますので、インストールして有効化します。

設定方法

「Settngs」をクリック。

 

「Security」をクリック。

  • HTTP Strict Transport Security
  • Content Security Policy: Upgrade Insecure Requests
  • X-XSS protection
  • X-Content Type Options
  • Expect-CT

上記のものを探して有効にしていきます。

「Edit」をクリック。

 

それぞれ探してオンにしますがExpect-CTだけ設定する項目が3つあります。

Expect-CTの設定方法は以下の通りです。

 

  • max-ageは「90days」
  • report-uriには自分のブログのURL
  • enforceにチェックを入れる

あとは、他のものと同じくオンにして「変更を保存」をクリックします。

これでサイトヘルスステータスは良好になりましたね^^

まとめ

ダッシュボードに警告や提案があったら、わからないからとスルーしないで、しっかり対応していきましょう。

Word Pressは、情報発信にとても便利なツールですが、ちゃんとメンテナンスやセキュリティを行わないと、エラーが出たり乗っ取りされたり、困ったことになってしまいます。

バージョンアップはもちろん、プラグインの更新も随時行うようにしましょう。

その際、忘れずにバックアップを取るようにしてくださいね。

自分も以前バックアップをしないで、プラグインの更新中に画面を切り替え、ブログをぶっ飛ばした経験があります><

@天@天

バックアップもプラグインでできますので、しっかり入れてバックアップしておきましょう。