ウェブライターはWord Press入稿も必須!多少のコーディングも!

こんにちは、@天です。

ウェブライターは記事だけ書ければ良いということはないですよね。

  • Word Pressへの入稿
  • CMS入稿(クライアントのサイト)
  • WordやGoogleドキュメントでの納品

最低でも、このくらいはできないとお仕事になりません。

誰でも最初は戸惑いますが、納品の種類に対応できるようになる必要があります。

@天@天

今回はウェブライターに必要な納品について、お話ししますので最後まで読んでくださいね^^

ウェブライターの納品形式について

案件を受注すると、当然のことながら記事の納品をするのですが、納品の形式に関してはクライアントさんごとに違います。

例えば物系の記事であればクライアントさんのサイトに使っているCMS入稿が多いです。

採用後にCMSに入稿できるようにユーザー登録をして、マニュアルに沿って記事を入稿して、必要応じてAmazonや楽天市場の商品画像や商品詳細の入力、おすすめポイントを書いたり画像挿入をしたり。

WordやGoogleドキュメントを指定されることもあれば、Word Pressに入稿して下書き保存することを指示される場合もあります。

どんな形式にも対応できないと、お仕事にならないので、少しずつでも使いこなせるようになっていく必要がありますね。[/char]

Word Pressに入稿して下書き保存

Word Pressに入稿するとき、Wordなどからコピペする際、ビジュアルでやると、テキストモードにして確認したとき不要なタグが入っています。

こうなると、装飾でリストを使いたくても上手く反映されないので、いちいち手で削除しなくてなりません。

いや、これは面倒くさいですよね・・・

そんなときは、ペーストする前にテキストモードにしてやると、不要なタグは入りません。

あらかじめ、見出し2を<h2>見出し</h2>、見出し3を<h3>見出し</h3>にしておきます。

リストも

<ul>
     <li>モジモジモジ</li>
<li>モジモジモジ</li>
<li>モジモジモジ</li>
</ul>

このようにしておくと、ビジュアルに切り替えたとき、ちゃんとリストで表示されます。

また、画像もクライアントさんの指定したサイトから取得し、一旦パソコンに保存して、入稿先にアップロードする必要があります。

Word Press入稿でも、画像のアップロードがありますね。

WordやGoogleドキュメントでの納品

こちらも、記事を書いて保存してから、クライアントと契約したサイトから納品となります。

Googleドキュメントへは、Wordをアップロードして納品することも可能ですね。

こちらも

  • 見出し設定
  • 文字装飾
  • 画像挿入

上記3つの作業が必要になります。

それぞれのやり方を、先に把握しておくといいですね。

CMSに入稿して下書き保存

こちらは、キュレーションサイトや物系サイトが多い印象です。

クライアントの用意した独自のCMSに入稿するのですが、だいたいどこでもマニュアルはくれるので、しっかり手順通りに進めて行けば、問題なく入稿できます。

ただ、結構細かいことろで躓くこともありますので、そんなときは遠慮なく担当さんに聞くといいですね。

わからないところは、そのままにせず聞いて行くと、スキルとしも身につきます。

1回このような案件ができると、ほかの似たような案件でもCMS入稿が、簡単に感じられるようになります。

何事も、誰もが初めてというときは戸惑ったり、失敗したりするものです。

@天@天

わからないときは、遠慮しないで担当さんに聞くようにしましょう。

多少のコーディングもできた方がいい

先ほど書いたリストですが、時々はWord Pressのビジュアルモードで上手く反映されない時があります。

そんな時、コードにはどのように書かれているのかを知っていると、上手く反映されていないときに対応することが可能です。

  • 装飾のコード
  • リストタグ
  • テーブルタグ
  • 画像挿入
  • リンクタグ

このくらいWord Pressのテキストモードや、CMSのhtmlモードにして編集できれば、そんなに困らないと思います。

ちょっとした装飾が反映されないとき、ちょこちょこってテキストモードで編集できたら、仕事が捗りますね。

まとめ

ウェブライターを継続してやるのであれば、この記事に書いてあることくらいは楽勝でできるようになりましょう。

最初は、わからないことも多いと思いますが、最近はググればたいていのことは解決できます。

検索スキルもウェブライターには必須のスキルだと思いますので、つまずいたらまず検索!の習慣を作って行きましょう。

そうすれば、どんどん「わからない」が「できる」に変化していきますね。

ウェブライターで稼ぐなら、この記事にあることはできて当然くらいの感覚です。

@天@天

案件を受注するときも、できないよりはできた方がいいので、少しづつでもできるようになっていきましょう〜。