ウェブライターが記事チェックで使うツールを3つ紹介!

こんにちは、@天です。

記事を執筆する時、

  • 小学5年生でもわかるように
  • 冗長表現 はNG

と維持されますが、実際に自分の書いた記事はどうなの?って思いませんか?

感覚で書いているより、ツールを使って計測する方が見える化できていいですね。

今回は、そんな記事チェックツールを3つ紹介しようと思います。

ten1ten1

結構役に立つと思いますので、最後まで記事を読んでくださいね♡

記事がどれくらいの難しさなのかをチェックするツール

記事が難しいと、それだけで離脱されてしまうほど、現代人は文字を読むのを面倒に感じます。

自分が得たい情報を素早くゲットしたい、とみんなが思っていますよね。

検索で見つけた記事を読んでみると「めっちゃ難しい表現で嫌になったわ」と離脱されるんです。

ですので、アホだと思われない程度に漢字を使い、スラスラとストレスを感じないで読める記事が理想です。

難易度チェックツール

記事の難易度を、小学校○年生から一般・大学生までのそれぞれのレベルで判定してくれます。

やり方は、簡単で記事をコピーしてボックスに貼り付け、上にある「難易度を測定」をクリックするだけ。

すると、この画像のように表示されます。

難易度チェックツール

このツールで見ると、自分の記事がどれくらい難しいのかがわかります。

ten1ten1

チャックした記事は普通レベルなので、漢字を減らしたり、言い回しを変えたりすることで、難易度を下げることが可能です。

正しい日本語が使われているかをチェックするツール

自分が書いている記事では、ちゃんと正しい日本語が使われているか疑問に思う人もいると思います。

そんな時には、オンライン文章校正支援サービスPRUV(プルーフ)が便利です。

以前は日本語校正サポートを使っていたのですが、今はエラーが出て使えませんでした。
PRUVでは、文章を丸ごとコピーして貼り付け「チェック開始」をクリックします。
このようなツールは、検索するといろいろ出てきますので、自分に合ったものを使って行きましょう。
自分の書いた記事を入れてチェックしてみましたが、問題なかったですね。
何か問題があれば教えてくれますので、使ってみてくださいね^^[/char]

キーワード数計測

今度は、自分が書いた記事には、どんなキーワードがどれくらい入っているのかを計測できるツールです。

AIテキストマイニングというものです。

こちらも記事をコピーして貼り付け「テキストマイニングする」をクリックすると、使われているキーワードとその数、が表示されます。
SEOを意識しているのであれば、狙ったキーワードが1位に来るようにしましょう。
この記事は、特に狙っていなかったので、こんな感じですが「ウェブライター」「副業」を狙うのであれば、この2つが1位と2位でないとダメですね。
また、ライバルの記事もコピペしてチェックすれば、キーワードがわかるという優れものです。

まとめ

今回は記事執筆で使える3つのツールをご紹介しました。

3つとも無料で使えますので、SEO編集したいときや、記事の難易度を知りたいときなどに使ってみてくださいね。

また、記事を書いていて誤字脱字・タイプミスなどを見つけられる校正ツールも使って行くといいですね。

ten1ten1

ただ記事を書くのがウェブライターではありません。書いた記事で検索上位を取れるようになることを意識して記事を執筆しましょう♡